最近増えているフォトケアってなに?

エステサロンでは様々なフェイシャルトリートメントを受けることができます。ベーシックなものから気になるお肌トラブルをケアするものまで幅広いです。

そのフェイシャルトリートメントで最近増えているのがフォトケアという方法。フォトケアは特殊な機械が必要になりますが、どんな手法でどんな効果があるのでしょうか?


LEDライトを使用

フォトケアとフェイシャルコースについて

フォトケアは、LEDライトを使ってお肌に美容成分を効率よく浸透させるトリートメント方法になります。エステサロンのフェイシャルコースと言うと、エステティシャンの人が自分の手を使ってタッピングしてくれるイメージが強くありませんか?

確かに指の腹を使って優しくお肌とマッサージしてくれる方法もありますが、内容によっては行われる施術内容は違います。フォトケアの場合はお肌の新陳代謝を促し、日々の生活で傷ついてしまった肌細胞を再生してくれます。

内容としてはアンチエイジングケアに分類され、しみやくすみ、乾燥肌、ニキビ、たるみといった肌トラブル改善に効果があります。肌年齢が気になるという人には特にピッタリなケア方法です。


基本的なフェイシャルトリートメントの流れ

一般的なフェイシャルトリートメントでは、

  • クレンジング
  • マッサージ
  • パック

の順番で施術を行います。フォトケアではLEDライトを照射してお肌のケアもしていきます。このフォトケアの最大のメリットは機械を使うので、エステティシャンの技量に左右されないということ。

タッピングやマッサージなど、エステティシャン自ら施術を行うコースの場合、上手い人とそうでない人では仕上がりに違いが出てきてしまいます。簡単にいうと、当たり外れがあるということなんです。

その点フォトケアはベッドに横になって、機械を使って光を当てていくだけ。痛みもないですし、リラックスした状態での施術になるので眠ってしまう人もいるとか。

もちろん事前にしっかりとしたカウンセリングは行いますが、1回の施術で変化を実感できる人もいます。ただフォトケアを導入しているサロンはそれほど多くはないので、フォトケア目当てであれば事前にしっかりとした下調べが必要になります。


敏感肌でも施術できる

肌が弱い人でも大丈夫

敏感肌の場合、スキンケアにも気を使わなくてはいけません。出来るだけお肌に刺激がないものを選ぶ必要がありますが、フォトケアは敏感肌の人でも施術をすることができます。

というのもフォトケアの光には傷ついてしまった細胞を修復する働きがあるからです。敏感肌は、お肌のバリア機能が低下をしていて様々なトラブルを引き起こしやすい状態になっています。

この傷ついた細胞を修復することでバリア機能を高め、敏感肌を改善していくことも可能です。つまりフォトケアは様々なお肌の悩みに対応できる美容機器なのです。当てる光は1種類ではなく、6つの光を効果的に照射します。

もちろん色の違いにも理由があり、

  • レッドは皮下組織
  • グリーンは真皮層
  • ブルーは表皮層

に届くようになっていて、さらにメインライトとサポートライトに分かれています。メインライトはその名の通りで上記の各層に届くようになっていて、サポートライトはメインの3色をサポートする働きがあります。刺激もなく、それぞれの光を効果的に使いお肌の悩みを改善するのがフォトケアなんですよ。


フォトケアにチャレンジ!

眼に害はないの?

眼に害はないの?